飲食店に使える補助金・助成金②【H27年7月現在】

飲食店の融資・助成金(補助金)にめちゃ強い税理士がお届けする「開業に必ず役立つ情報」をまとめた情報館です

★テーマ

みなさん、こんにちわ!飲食店サポート税理士の水野です!

前回は最近、話題になっている比較的使いやすい補助金と助成金のうち、キャリアアップ助成金をご紹介しましたが、今回は小規模事業者持続化補助金をご紹介しますね。

②小規模事業者持続化補助金

経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、最大で50万円の補助金(補助率2/3)が受けられます。経営計画の作成や販路開拓の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられるというメリットもあります。申請にあたっては、最寄りの商工会議所へ事業支援計画書の作成・交付を依頼する必要があります。

詳細は、こちらを参照してください。詳細はこちら

 

居酒屋男性

この補助金のメリットとしては、やはり申請者の要件が低いことです。ほとんどの飲食店であれば申し込むことが可能です!開業者であっても、飲食店経営者であっても申し込むことができるのです。

ただし、この補助金については、補助対象経費に家賃や人件費などが含まれておらず、機械装置やHPなどの投資を行う場合にのみ使えるという補助対象となる範囲が狭いというデメリットが生じてしまいます。補助金をもらうために無駄な投資を行うのは本末転倒ですので、ご注意を!「創業補助金を申し込むにあたっての注意点」ご参考にしていただければと思います。

 

ng

 

補助金や助成金の多くは、対象期間の重複利用は不可というのが多いので、どの補助金・助成金に申し込むかの検討は必要ですね!

 

飲食店サポートのプロとして各種メディアから認められています

Credo税理士法人は開業以来、日本でも数少ない飲食店専門の事務所として多数のメディアから取材や記事掲載の依頼を頂いております。

主な掲載内容としましてはやはり飲食店経営に関するものが多くなっています。このように多くのメディアからの取材や雑誌掲載の実績も、弊社が飲食店サポートの専門家として認められている信頼の証だと考えています。

 


 

飲食店経営のお金の悩みならCredo税理士法人へご相談ください!


 お問い合わせはこちらから