創業補助金とは!?および申し込むにあたっての注意点

創業補助金 完全攻略

今回は、まず創業補助金とはどんな補助金制度なのかについてご説明させていただきます。そして、当事務所が考える、創業補助金を申し込むにあたっての注意点についてもお伝え致します。

 

■創業補助金とは

①新たな需要を創造する新商品・サービスを提供する創業者や②事業承継を契機に既存事業を廃止し、新分野に挑戦する等の第二創業を支援する制度として、認定支援機関である専門家または金融機関と一緒に事業計画書(創業計画書)を作って申し込めば最大で200万円まで補助金がもらえるという制度です。

 

■対象となる方

平成28年度の創業補助金について、2月15日に中小企業庁から募集要件について公表されました。公表されている応募要件として、大きく下記の3点が上げられています。昨年との大きな違いは、認定支援機関による支援は応募要件から外され、創業予定の認定市区町村又は当該認定市区町村の認定連携創業支援事業者による支援が必須要件となったことです。

応募要件①
新創業の場合は、募集開始日~補助事業終了日の間に創業予定の方。
つまり、4月初旬以降に創業予定の方が対象となります。

応募要件②
産業競争力強化法に基づく認定市区町村で創業していることが必要となります。
なお、認定市区町村とは、産業競争力強化法に基づく認定市区町村産業競争力強化法では、市区町村を中心とした創業支援事業の取組みが促進されるよう市区町村において創業支援事業に関する計画を作成し、この計画を
国が認定、支援するという仕組みになっております。計画の認定を受けた認定市区町村では、商工会・商工会議所や金融機関等と連携し、当該地域の創業者・創業希望者の支援を行っています。

応募要件③
創業予定の認定市区町村又は当該認定市区町村の認定連携創業支援事業者による特定創業支援事業を受けることが必要となります。支援を受けた、又は受ける予定であることを証明する書類が創業補助金の応募時に必要となります。

決意1

ご自身の創業予定地が認定市区町村に該当するか、認定連携創業支援事業者がどこなのかは、こちらをご覧下さい

 

■補助金額

補助率補助金額
補助対象経費の3分の2まで100万円以上200万円以内

 

例えば、使った経費が210万円だったとしたら、補助率は210万円×3分の2=140万円となります。補助金額の範囲内なので全額受けることができます。

使った経費が450万円だったとしたら、補助率は450万円×3分の2=300万円となります。補助金額の上限200万円を超えてしまうので全額受けることはできず、200万円までとなります。

 

■補助対象となるもの、ならないもの

対象外のものが意外と多くあるので、ご注意ください。また、対象となるのは補助対象期間(交付決定日から終了日までの期間)に発生&支払った経費が対象となります。なので補助対象経費であっても交付決定日前に支払った経費は対象外となりますので、ご注意ください。

項目補助対象補助対象外
会社設立費用司法書士や行政書士など
専門家への報酬
・定款認証手数料
・収入印紙代
設備資金・事務所や店舗の内外装工事費
・機械や工具器具備品費
・敷金保証金
・車の購入代金
・事業以外にも使える
 PCやプリンタなど
原材料
商品仕入
サンプル品制作のために
必要な原材料
サンプル品以外は
全て対象外
外注費
委託費
・サンプル品の制作委託
・経理事務の委託料
・HP作成委託
・事業計画実行のために支払った顧問料など専門家への報酬
・今回補助金申請あたり、
 事業計画作成のために
 支払った専門家への報酬
・決算書作成、税務申告料
人件費・従業員給与(月額35万円)
・アルバイト給与(日額8千円)
・従業員への賞与
・代表者および役員給与
・社会保険料
・通勤手当
旅費交通費国内、海外の
公共交通機関利用に
かかった実費
・公共交通機関以外の
 利用にかかった実費
 (タクシー、レンタカーなど)
・必要以上のぜいたくな旅費
 (グリーン車、ビジネスクラス)
賃借料・事務所、駐車場の家賃
・借入の際の仲介手数料
・車両や備品のリース料
・礼金
・補助金交付決定日以前に
 支払ったもの
販路開拓に
かかった経費
・広告宣伝費
・市場調査や宣伝のために
支払った専門家への報酬
広告宣伝に使った切手代
消耗品
水道光熱費
通信費
全て対象外
接待交際費
会議費
全て対象外

 

 

■創業補助金を申し込むにあたっての注意点

補助金=タダでもらえるお金、という印象がとても強いため、多くの人がついつい勘違いしがちな点を3つ詳しく説明しておきます。

ng

1.補助金は後払いであること

創業補助金としてお金がもらえるのは交付決定があってから、約1年後となります。それまでは、自己資金や創業融資などでお金を用意し、自力で事業を回す必要があります。
特に創業時の事業計画の策定においては助成金の取得を前提にしてはいけない、ということが重要です。助成金は開業後の資金繰りを優位に進めるためのプラスアルファの要素として捉え、事業計画では助成金がなくても資金不足に陥らないモデルを組み立てる必要があります。

また、「1年後に戻ってくるお金だから」といって、必要以上のお金を強気に使ってしまうとその1年すらもたずに預金残高ゼロ=資金ショート=倒産という可能性もあります。

よくあるのが、補助金上限の200万円までめいいっぱいもらおうとして、経費を無理やり積み増しするケースです。例えば、机に座っているだけの無駄な従業員を雇ったり、不必要な業務を専門家に委託して無理やり経費を積み増しする場合です。本来の売上、事業規模に合わない多額の経費支出となりますので、当然、資金繰りが厳しくなってしまいす。

資金繰りが厳しくなってしまい、このために借金をする方もいます。借金をして回れば良い方で、借金できない方は資金繰りが回らず、補助対象の経費にお金を使うことができなくなるため、採択された創業補助金を途中で断念せざるをえません。事業に必要な資金まで足りなくなれば最悪、創業補助金のせいで創業に失敗=倒産するというおかしなことにもなりかねません。

運よく1年後に補助金上限いっぱいのお金が戻ってきたとしても、無駄に使ったお金が会社に戻ってきただけです。会社にとってプラスになったことは何も無く、結局、おいしい思いをしたのはダメな従業員と専門家だけということがないようにしてください。

 

2.補助金対象期間は交付決定後、1年間のみであること

創業補助金が採択され、「1年後に戻ってくるお金だから」といって、ちょっとぜいたくをして、家賃が高めで広めの店舗を借りたり、従業員を多めに雇ったりしたとします。創業補助金をもらった1年目はよいですが、2年目以降は完全に自腹になります。

売上と利益が順調に伸びていれば問題ないですが、計画通りにいかない場合、毎月毎月大きな負担だけが残ることになります。売上見込みが計画通りに行くことはほとんどありません。

また、創業補助金は専門家への報酬にも使えるということで、販促活動を最初から専門家やコンサルに丸投げしたとします。2年目以降、業績が伸びず、専門家やコンサルにも報酬を払えないとなると、販促活動をゼロから自力でやり直しとなります。お金にも気持ちにも余裕がない、創業補助金をもらえなかった場合よりもはるかに厳しい状態となります。悩み2

補助対象期間は1年で終わりですが、会社はその後も続きます。変に強気になって無駄な経費を使わないように気をつけましょう!外部の専門家やコンサルを入れるにしても、丸投げではなく、販促活動の助言をしてもらうなど、先のことも考えて判断する必要があります。

 

 

3.補助金をもらうことが目的ではないこと

最後に一番忘れてほしくないのが、「補助金をもらうことが目的ではない」ということです。創業しようと思っていた時期にたまたま創業補助金の募集があり、そして補助金の交付決定を受けることができた、というのであれば理想的で、何の問題もありません。

逆に、創業補助金の募集が始まるまで創業のタイミングを遅らせる、という場合、それが本当に事業にとってプラスなのかどうか、考える必要があります。

・創業補助金の募集を待っていたために、12月(忘年シーズン)、3月(歓送迎会シーズン)といった稼ぎ時を逃し、苦しいスタートとなった。

・立地の良い店舗を見つけたけど、内外装工事費用を創業補助金でまかなうため、募集を待っていたら他の人に取られた。

・さんざん待ってようやく申し込んでみたけれど、結局、採択さしてもらえなかった。または、創業補助金の募集がなかった。

no2

このように、創業補助金をもらうことに一生懸命で、事業の方はさっぱり、というのでは本末転倒です。

 

【目次】

1. 飲食店の開業に創業補助金をなぜ活用するべきなのか!?

2. 創業補助金とは!?および申し込むにあたっての注意点

3. 採択後の手続きの流れと注意点

4.創業補助金の事業完了報告に関する検査面談

 
 

飲食店サポートのプロとして各種メディアから認められています

Credo税理士法人は開業以来、日本でも数少ない飲食店専門の事務所として多数のメディアから取材や記事掲載の依頼を頂いております。

主な掲載内容としましてはやはり飲食店経営に関するものが多くなっています。このように多くのメディアからの取材や雑誌掲載の実績も、弊社が飲食店サポートの専門家として認められている信頼の証だと考えています。

 


マンガで分かる!飲食店の開業準備の重要ポイント

 お問い合わせはこちらから