コンサルティングを受けるメリット

コンサルタントの仕事とは、依頼を受けた企業(店舗)の現状を調査・分析し、その問題を把握し、その問題が起きている問題点を見つけ、その問題点を改善するための取り組むべき課題を明確にし、その課題を実行出来るように具体的なアクションプランを提案することが、主な仕事になります。

せっかくコンサルタントを活用するからには、上手に活用したいものです。コンサルタント選びはとても重要ですが、コンサルティングを依頼するタイミングも効果に大きな影響を与えます。コンサルティングを受けるタイミングとして良い時期があります。

1.新規に事業を始める時や、新しい業態に挑戦する時
新しく何かを始める時には、リスクが伴います。そのリスクを軽減させるために、コンサルタントを活用される事は、とても上手なコンサルタントの活用方法です。

2.利益・売上などが下降傾向になってきた時
利益・売上が6ヶ月連続で低下してきた時は、コンサルタントの活用を検討してみましょう。現在のお店が、お客様の期待にこたえる事が出来きていない可能性があります。外部の力を活用して、自社(自店舗)の現状を分析してみましょう。早期に問題を発見し対応していけば、コンサルタンティングの効果が発揮されやすくなります。

 

一方で、コンサルタントの活用で最も好ましくないのは、ギリギリまで自社で頑張って、資金的にどうにもならないギリギリの現状までいってしまい依頼されるケースです。そうなってしまいますと、改善策を検討する段階で資金的な制約がかなり多くなってしまい、効果的な対策を実施していくのが難しくなってしまいます。

早めにコンサルタントの活用を検討しましょう!!コンサルタントを活用することにより、下記のようなメリットを受けることができます。これらのメリットは、支援先の経営者・店長から実際に聞いたメリットの一部を独自にまとめたものになっていますので、コンサルタント活用の検討時のご参考にして頂けると幸いです。

 

【コンサルティングを受けるメリット】