副代表 挨拶&プロフィール

私が税理士という職業を選んだ理由は、地域経済を支える中小企業の成長を支援し、ひいては日本経済の発展に寄与したいという思いからです。


飲食業は特に店舗が存在する場所に根ざした業種であり、地域経済への貢献度も高い商売です。大小様々な企業の税務申告や税務調査に携わってきた経験を活かし、飲食店経営者の皆様の成長を支えることが、現在の私の使命です。

 

税理士として経営者様と接する中で強く感じていることは、商売を行う上で必ず生じる税金との付き合い方が分からず、悩んでいる方が本当に数多くいるということです。


今さら聞けない小さな疑問から将来を見据えた効果的な税務戦略の相談まで、税金に関するあらゆる悩みを解決することが、税務の専門家である税理士の役割です。

税理士は誰に頼んでも同じ『ではない』ことを実感して頂ける、最高品質のサービスを提供いたします。

 

また、現代においては次々と新たなIT技術が生み出され、その対応スピードが企業の死活問題に結びつくことも少なくありません。飲食業でも急激にIT化が進んでおり、特にクラウドを活用した安価なサービスが続々と開発されています。


そのようなIT化の潮流に乗り遅れないよう様々なルートから最新情報を収集し、その飲食店に適したサービス活用をサポートすることもIT企業出身である私の得意分野です。

 

 

 

 副代表プロフィール

茨城県つくば市出身。IT系の専門学校を卒業後、情報セキュリティを得意とする上場企業に就職。一人のベテラン社員が作成したプログラムによる驚異的な業務効率化を目の当たりにし感銘を受ける。


地域に根ざす中小企業への経営支援に社会的な重要性を感じ、税理士を目指すために退職。無職となって税理士試験受験に集中。2年で無事に合格する。


都内の大手税理士法人へ転職し、上場企業の決算早期化支援、連結納税制度の導入支援、組織再編ストラクチャーの検討や多数の税務調査立ち合いを経験。


子育てのために引っ越した千葉県のさらなる発展を目指して、千葉県最大級の税理士法人へ転職。千葉駅前支店の責任者として多数の税務申告業務と地元企業の創業支援に従事。


Credo税理士法人およびCredoコンサルティングに参画し、税理士としての豊富な知識・経験とITを駆使したツール作成による業務効率化を武器に、繁盛店及び繁盛店を目指す飲食店経営者の税務顧問業務に従事している。