飯田真弓 顧問

顧 問
飯田 真弓 Iida  Mayumi

国税勤務26年、元国税調査官税理士。2013年『税務署は見ている。』を出版。5万部を超えるロング&ベストセラー。元国税調査官の洞察力と、産業カウンセラーの傾聴力で、日本の中小企業の企業力(人間力)、生産性をアップさせるための支援業務を行う。

 

 

 

【著書】

・税務署は見ている。(日本経済新聞出版社)

・B勘あり!(日本経済新聞出版社)

・税務署は3年泳がせる。(日本経済新聞出版社)

・調査官目線でつかむ セーフ?アウト?税務調査(清文社 )

 

【寄稿記事】

・税務弘報 ~税務調査の都市伝説

・週刊 東洋経済 『大増税が来る!!』 ~ラブホテルから定食屋まで税務署はここまで見ている。~

※ その他にも税務関連雑誌等へ、多くの寄稿実績があります。

 

【経歴】

昭和57年3月 京都府立城陽高等学校普通科卒業

昭和57年4月 初級国家公務員試験採用(普通科女子一期生)

税務大学校大阪研修所に首席で入校

昭和58年7月~平成20年7月 大阪国税局管内の税務署で勤務

国税調査の最前線で個人事業者の調査を担当、延べ700人あまりの経営者の調査を行う。

平成14年4月~平成18年3月 放送大学教養学部に在籍、卒業

平成20年7月 国税を退職

平成20年9月 メンタル税理士として独立・開業

平成24年3月 一般社団法人日本マインドヘルス協会 の代表理事に就任

平成25年 近畿税理士会南支部租税教育推進委員に就任 

平成30年9月 Credo税理士法人の顧問に就任

 

【資格】
税理士
認定心理士
健康経営アドバイザー
日本芸術療法学会会員

 

国税調査で培ったノウハウと大学、その他で学んだカウンセラーとしての知識と持ち前の感性で、日本の中小企業の企業力(人間力)、生産性をアップさせるための支援業務を行う。