choiceimg

飲食店の経営者・オーナー及びこれから開業を考えている方向けに、税理士の選び方をご紹介します
他業種の方、税理士の変更をお考えの方も、参考になさってください。

税理士の選び方?

スマホやネットで「税理士の選び方」を検索してみると、いろいろな説明が出てきます。

ホームページ上に説明記事があるケースが多いですが、
税理士事務所やその関係者がブログ(更新されていないことが多いですが)や
SNSで記事として投稿していたり、税理士紹介/仲介業者が書いていたりすることも少なくありません。

当然、みなさん何かしらの営業目的で書いてますから、
明らかに自分の事務所/サービスに誘導しようとする”奇抜な”選定基準を除けば、

  • 話しやすい/わかりやすい
  • 対応スピードが速い/フットワークが軽い/会ってくれる
  • 偉そうにしない
 

人柄が良い

  • 税務調査につよい
  • 業種や業界の専門性がある
  • たくさんの実績がある
 

税務を良く知っている

  • 価格が安すぎ/高すぎない
  • 価格の根拠が明確である
 

安心価格

というような感じで、だいたい似たり寄ったり説明になっていることが、お分かり頂けるのではないでしょうか。

税理士は誰でもいいの?どこの事務所でもいいの?

人柄が良く、税務を知っていて、安心価格でサービスを提供しているとなると
実は、ほとんど全ての税理士、事務所に当てはまってしまいます。この基準にNoという税理士は、さすがにいないと思います。

それだったら、みんな同じでは?だれでもいいのでは?と思われるかもしれません。

はい、その通りです。
誰でも、どこの事務所でも一緒です。

税理士の主な業務は、毎月の帳簿作成/数字の取りまとめ、年に一回の申告書の作成ですが、
この業務に残念ながらあまり違いはありません。

銀行

なぜなら、これらの業務は、

  • 領収書や帳簿や関連データを顧客から受け取って、
  • 数人のパートスタッフがシステムに入力し、
  • 税理士は入力し終わったデータをシステムから印刷するという作業たち

で成り立っているからです。
最近は、システム入力までを顧客が行うケースも増えてきましたが、
それを勧める税理士には、実はパートスタッフを雇うほどのゆとりが無いだけなのかもしれません。

そのうえで、契約として顧客を訪問する必要があれば、顧客先へ向かう前日に、
印刷したものを見返して、10分ぐらいでその顧客向けのコメントを考えますので、その10分の違いはあるかもしれません。