worry1img

YESと答えられた方!

オーナーとして経営の勘所を押さえられていらっしゃるようで安心しました。

銀行からブラック企業認定されないために、財務体質を強化していくことは
多くの税理士が得意と謳い、他の事務所との差別化ポイントとしてアピールいるサービスです。

なので、きちんとした税務顧問がいれば、会計上、何をすべきか、その会社にあった内容を提言してくれると思いますので
その勘所さえ外さないでいれば、大きな失敗は無いでしょう。
あとは、タイムリーに銀行向け事業報告を行っていけば、ブラック企業と思われることはまず無いですね!

 

Noと答えられた方!

ブラック企業かどうかわからないというのが正直なところではないでしょうか。

銀行が見ているのは、従業員の労働時間や待遇ではなく、

  • タイムリーで適切な報告をしてきてくれるか
  • 財務体質が問題ないか

の2点であり、これが出来ていない企業は、銀行から見るとブラック企業と認定されてしまいます。

事業報告は、申告書だけでなく、自社の業績状況を客観的に整理した補助資料を作成し、
銀行に提出していけば、問題ありません。

次に、”財務体質”ですが、そもそも、財務体質というのは何でしょうか?
財務体質の強化いうのはどうすれば良いのでしょうか?

これは、税理士の得意分野であるが故、説明が専門的になりがちで、
キャッシュフロー経営が、、自己資本比率が、、限界費用が、、、
なんて言葉になってしまい、ぱっと聞いてピンとこないことも多く、いまいち腑に落ちないことも多いと思います。

こういうときは、「財務体質が良い」ということはどういうことか、を考えれば答えは見えてきます。
それは、
銀行や株主から、今すぐ金返せって言われない さらに、イザっていうときにもっとお金を借りられる状態である
ということで、そこに結び付く活動は全て 「財務体質の強化」 活動です。

つまり、オーナーや店長が日々行っている、

  • 売上を上げること、 アルバイトの人件費を適正なレベルに抑えること
  • ホームページで集客アピールをすること、販促のためにチラシをまくこと
  • 金融機関を変更したり、ローンの借り換えを行うこと

など、日々の業務活動全てが「財務体質の強化」につながっています。

あとは、どの業務をより力を入れてやるか、その絞り込みと判断ができれば、「財務体質の強化」は行えます。
そしてこれを継続的に繰り返すことで、ブラック企業どころか、超ホワイト企業への道も見えてきます。

まずは、絞り込みや判断の前に、銀行があなたの会社をどう見ているか、どのように格付けていて、
どこを伸ばせば格付けが上がると考えているか、そこを押さえるところから始めましょう。

よろしければ、無料で行うことも可能です。

 

一度、銀行からみた格付診断受けてみませんか?

worry1bottom