平成26年度補正予算 創業・第二創業促進補助金

飲食店の融資・助成金(補助金)にめちゃ強い税理士がお届けする「開業に必ず役立つ情報」をまとめた情報館です

飲食店 融資 税理士

★平成26年度補正予算 創業・第二創業促進補助金

みなさん、こんにちわ!飲食店サポート税理士の水野です!

本日、今年の3月末に募集があった平成26年度補正予算 創業・第二創業促進補助金の採択結果が発表されました。応募された方は、結果は如何だったでしょうか!?当事務所のお客様はおかげ様で全員、無事採択されました!!よかった、よかった!これも一重に水野が頑張ったからでしょうか!←って違いますね 笑

 

この創業補助金という助成金は、簡単に言うと、今年の3月以降に新たに創業した個人又は法人が認定支援機関と一緒に事業計画書を作成し、国に申込みます。国の方で応募者の事業計画を事業コンセプトの独創性や実現性などの目線で審査し、優秀な応募者に最大で200万上げるよ!っていうものです。助成金は、融資とは違い返済義務のない、『もらえるお金』のため、年々、応募者の数が増加してきており審査が厳しくなっています。

 

この創業補助金に採択される一番のポイントは、『どの認定支援機関と一緒に事業計画書を作るか?』これ尽きると思います。かく言う、水野も、創業補助金の開始当初の採択率は散々な結果に終わり、お客様にご迷惑をかけてしまいました・・・。しかし、研究を重ね、いまでは・・・全員合格です!!とまぁ、自慢は置いといて、この創業補助金は数多くの事業計画書の中から、選ばれる事業計画書になっていないと採択されないので、知識・経験を持った認定支援機関と一緒に取り組むのがよいかと思います。

あともう一つ大事なのは、『1回目がダメだったとしてもあきらめないこと』です。意外と、2回目の申込で採択されるケースが多いのもこの助成金の特徴なので。過去の傾向からすると、今年の夏にも募集があると思われるので、今回ダメだった方も夏のリベンジをご検討してみては如何でしょうか!?

 

Credo事務所は、補助金申請書類の作成支援の知見や経験を有し、補助金申請書類でアピールすべきポイントや記載の不備がないか等についてチェック・アドバイスする「補助金申請サポートの専門家」として国から認定を受けています。創業補助金を本気で狙いたいという方は、当事務所にご相談ください。

 

(Credo事務所の創業補助金の獲得支援サービス)

https://credo-tax.com/?page_id=7#m5

(創業補助金の概要)

http://sogyo-hojo.jp/

飲食店の開業・集客に関する情報を知りたい方は、当事務所が運営する『繁盛店への扉』の「いいね」を押して頂けると、ブログの更新情報などが自動的に通知されます!(無駄にはなりません!)

open_prepare

お問い合わせ (初回相談は無料です)